RADL ひよっこエンジニアの備忘録 2年目 奮闘記
reddit.epicplugins.com 
want to join? in seconds

google の seesaw を試してみた ver 2

googleのseesawが無事導入できたので備忘録として残したいと思います。

前回、見事に撃沈(導入失敗)してしまったのですが、社内のスーパーエンジニアの方にアドバイスを頂きまして無事にインストールまですることが出来ました。

ただ、肝心の設定ファイル(どういう風にロードバランシングさせるか等)部分がまだ理解できておらず、ロードバランシングさせるまでには至っていません。

時間あるときにでも、設定ファイルについて色々と調べてみようと思います。

環境
CentOS Linux release 7.1.1503 (Core)

seesaw導入(インストール)手順

・goの公式ページに記載してある通り、まずは下記ディレクトリにgoをインストール(設置)しておく。

/usr/local/go/bin
あと、PATHも通しておこう。

・GOPATHを$HOME/go にする。

# export GOPATH=$HOME/go
# export PATH=$PATH:$GOPATH/bin

・コンパイルに必要なものたちをインストール

# yum install -y golang protobuf-compiler libnl3-devel git make

・seesawをgithubからダウンロード

# mkdir -p $HOME/go/src/github.com/google
# cd $HOME/go/src/github.com/google
# git clone https://github.com/google/seesaw.git

・公式サイトに記載されている手順通りにgo getの連続投入!

# go get -u golang.org/x/crypto/ssh
# go get -u github.com/dlintw/goconf
# go get -u github.com/golang/glog
# go get -u github.com/golang/protobuf/protoc-gen-go
# go get -u github.com/miekg/dns

seesawディレクトリにて

# make test
# make install

・ここまでうまくいけば $GOPATH/binにseeswa_プレフィックスのバイナリーファイルがたくさん出来ているはずなので下記インストール作業に入る。

SEESAW_BIN="/usr/local/seesaw"
SEESAW_ETC="/etc/seesaw"
SEESAW_LOG="/var/log/seesaw"

install -d "${SEESAW_BIN}" "${SEESAW_ETC}" "${SEESAW_LOG}"

install "${GOPATH}/bin/seesaw_cli" /usr/bin/seesaw

* 1行でfor文を書くときは done の前に;を忘れずに
for component in {ecu,engine,ha,healthcheck,ncc,watchdog}; do
  install "${GOPATH}/bin/seesaw_${component}" "${SEESAW_BIN}"
done

* seesawディレクトリにて
install "etc/init/seesaw_watchdog.conf" "/etc/init"
install "etc/seesaw/watchdog.cfg" "${SEESAW_ETC}"

# Enable CAP_NET_RAW for seesaw binaries that require raw sockets.
/sbin/setcap cap_net_raw+ep "${SEESAW_BIN}/seesaw_ha"
/sbin/setcap cap_net_raw+ep "${SEESAW_BIN}/seesaw_healthcheck"

完了。

設定ファイルについては次回

んー!
文字書くのへたくそだから今度は動画で説明しようかな。
動画なら実際に作業してるところ映して終わりで楽なんですよね。

よし、youtubeに動画をあげよう。

コメントを残す