RADL ひよっこエンジニアの備忘録 2年目 奮闘記
reddit.epicplugins.com 
want to join? in seconds

ゲヒルンの新DNSサービスを試してみた

公式サイトより
https://www.gehirn.jp/gis/

もっと便利に、もっとダイナミックに
思い通りに使えるDNSサービス
Gehirn DNSは、ブラウザとAPIを通じて操作が行えるダイナミックなフルマネージドDNSサービスです。
柔軟なエイリアス、ゾーンバージョニング、マイグレーションなど従来のDNSサービスにはない先進的なアイデアをたくさん取り入れました。
BIND形式のゾーン情報をインポート・エクスポートできるため移行も簡単です。

ブラウザ経由からだけでなく、APIから利用(DNSのAレコード登録・削除等)ができるらしいので早速試してみました。

このゲヒルンのDNSサービスは git みたいな概念が織り交じっておりまして、少し理解するのに時間を要しました。
おそらくエンジニアじゃない素人さんが利用するとなると一瞬「?」マークになると思います。

curlで色々試してみたところAレコードの登録(編集)が上手くできたので備忘録として残しておきます。

curl -H "Content-Type: application/json" -X PUT -d '{"name":"dockern.com.","ttl":180,"type":"A","enable_alias":false,"records":[{"address":"112.140.42.42"}]}' --basic --user ユーザー情報:シークレットトークン https://api.gis.gehirn.jp/dns/v1/zones/ゾーンID/versions/バージョンID/records/レコードID

この情報だけじゃ良くわからないと思うので、後日きちんと色々と(登録だけじゃなくて削除とか、レコードだけじゃなくて、ドメインもとか)まとめようと思います。

コメントを残す